うまい酒と料理と器で至福のひととき!
江戸時代に庶民が愛したお店が割烹酒亭として現代に復活、それが「尾張 三ぶん」です。
東京・銀座に立ち呑み離亭と2店舗を構える「三ぶん」は、2015年開店したとたん、立ち吞み屋なのに「ミシュランガイド東京」に掲載され、雑誌やテレビなどメディアにも頻繁に登場しています。満を持して名古屋に2017年夏に「尾張 三ぶん」は開店しました。
魚は全て天然もの。丁寧で工夫を凝らした割烹料理がお手頃。大きめのそば猪口にたっぷりと注がれる日本酒。人間国宝の作品まで揃える作家ものや骨董の粋な器や徳利に盃たち。女性にも好まれる上質な設え。
立ち吞みの概念を変えたと言われる「三ぶん」のこだわりはそのままに、「尾張 三ぶん」は椅子席でゆっくりと優雅にお過ごしいただけます。割烹らしいカウンター席に加え、個室も完備し、コース料理もご用意。ひと皿ひと皿にこめられた季節の恵みをお楽しみ下さい。

お品書き

Gallery

店舗概要

  • 尾張 三ぶん
    〒450-6204
    愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
    ミッドランドスクエア 4階
    052-527-8822
    昼  11:00~14:30L.O.
    お茶 14:30~16:30
    夜  17:00~21:30L.O.
Scroll Up